目的別に探す
役職別に探す

PR

若手社員研修 の研修

関連サイトコラム

会員登録

言語技術・課題解決実践研修

言語技術・課題解決実践研修
【前提認識】

仕事は課題解決の連続であると捉えます。またうまく課題解決できるかどうかは
思考力が身についているかどうかであると考えます。

これまで思考力をロジカルシンキングの観点で観ることが多かったのですが、
現実の問題として言葉を上手に用いていないということがあり未解決でした。

本プログラムは、思考力を言語技術の観点から観るというスタンスで研修を
実施します。


【プログラム設計】

本プログラムでは、以下の3点をプログラムの軸として設定しています。

1.課題解決への大事(プロセスとポイント)を教えます。
 ※問題解決への大事:
 (1)問題への接近
 (2)解決への意思
 (3)行動への連動

2.言葉の上手な用い方として3つの観点から言語技術を教えます。
 ※言葉の上手な用い方
 (1)具体性
 (2)主体性
 (3)未来性

3.上記1.2を実践させ、成果物と、そこに至った心得や考え方を指導します。


【カリキュラム例(2日間プログラム)】

(1日目)

〈モジュール1〉
・研修報告書と発表について(マインドセット)
・問題解決/課題解決の基本(受講生と双方向のレクチャー)
・主張の構成のあり方(受講生と双方向のレクチャー)

〈モジュール2〉
・各人ごとに、設定テーマについての問題解決/課題解決の道筋を論じる
(模造紙演習/あなたの言葉遣いで・・・)

〈モジュール3〉
・研修報告の3要点(演習を交えたレクチャー)


(2日目)

〈モジュール4〉
・研修報告に必要な言語技術(演習を交えたレクチャー)
・上司(顧客)の心眼(受講生との双方向のレクチャー)

〈モジュール5〉
・各人ごとに、設定テーマについての問題解決/課題解決の道筋を論じる
(模造紙演習(昨日作品を更新する)/言葉に力を漲らせて・・・)

〈モジュール6〉
・研修報告へのアドバイス(受講生との双方向レクチャー)
・2日間の気づき(各人から発表)


※オフィシャルHPでは、本プログラムを核とし、目下の業務課題についての
最善の問題解決/課題解決を自ら能動的に行う力を養い、アウトプットを
経営陣・事業責任者様に提言するプログラム(期間:約半年間)の事例を
掲載しております。是非ご覧ください。
http://www.projectlearning.jp/jirei7.html


※プロジェクトラーニングでは、クライエント企業様ごとにカスタムメイドの研修
プログラムをプロデュース致します。
これまでに蓄積したあらゆる知見とリソースを活用し、クライエント企業様ごとの
事業内容や 課題に即したプログラムをご提案させていただきますので、お気軽に
お問い合わせください。
(お問い合わせ) 
http://www.projectlearning.jp/otoiawase.html

CATEGORY:若手社員研修

entry
問い合わせは無料で行えます
ユーザー登録がお済みでない方は、
こちらでお手続きをお願いします。

株式会社プロジェクトラーニングの他の研修

研修
経営戦略実践研修
【プログラム設計】 本プログラムでは、以下の3点をプログラムの軸として設定しています。 1.優れた経営幹部になる素養を修得するために、知識修得のためのインプット モジュールと戦略提言構築...
研修
ビジネスOSプログラム
【前提認識】 従来、会計・マーケティング・戦略はそれぞれ独立した科目として修得する ことが多く、会計・マーケティング・戦略がどのように関連しているのかを 各人が理解することは難しいことでした...
研修
企業内ビジネススクール
【プログラム設計】 本プログラムでは、以下の3点をプログラムの軸として設定しています。 1.インプット・フェーズの各科目においては、第一線で活躍されている専門家(※) による指導を行いま...

セミナー情報.COM

株式会社プロジェクトラーニング

プロフィール
【実践的に自らを「研き」そして見識を「修める」】

プロジェクトラーニングの人財開発プログラムは、実際の仕事を教材とする実践的プログラムです。指導者は、必要な知識やスキルの提供、深い学習への誘い、提言の質を高めるためのフィードバック、事業ポイントの指導などを行います。

プロジェクトラーニングでは、「成果を出さないプロジェクトはない」という考えのもと、最終的な研修のアウトプットとして、受講生に...

株式会社プロジェクトラーニング の会社ページはこちらから